Topics(トピックス)

【おすすめスポット】西条市四国鉄道記念館とアサヒビール工場

皆様、こんにちは。

GWの最後の日に子供たちと一緒に西条市に行き、鉄道歴史パークInSAIJOと、アサヒビールの工場見学に行ってきました。

まずは、鉄道歴史パークInSAIJO

鉄道歴史パークinSAIJOは四国鉄道文化館の北館・南館、十河信二記念館と観光交流センターの4施設からなっています。しかも、少し脱線しますが、愛媛マルゴト自転車道の中・上級者コース「NO.2 石鎚山岳輪道」の起点になっています。

10年ぐらい前に一度行ったことはあるのですが、その時は四国鉄道文化館の北館と観光交流センターの2施設だったと思います。

車を敷地内の駐車場に止めて(無料)、まずは四国鉄道文化館の北館に入ります。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

入場してまず目に飛び込んでくるのが、


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DF50形ディーゼル機関車と


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0系新幹線。GW中は連結器を特別公開していました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう四半世紀前に就学旅行に行った際、東京からの帰りに乗車しましたが、前後のシートピッチが狭いので、かなり窮屈な思いをしたのを覚えてます。この時は0系、100系が走行していて、300系のぞみが出たくらいの時だったと思います。

あの時に比べると、今のN700系は快適ですね。

シートはクッションも抜けて時代を感じさせてくれました。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新幹線内の運転席。いろいろなスイッチがありますね。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「DF50形ディーゼル機関車」運転席のスイッチで前照灯が点灯します。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ディーゼル機関車運転席です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ディーゼル機関は動力部分を公開していました。当たり前ですが、車用のタービンよりもメッチャデカいですね。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

懐かしの四国駅弁グルメの展示や、


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Nゲージもありました。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

入り口横の螺旋階段の所に信号機あるのですが、スイッチを付ければ点灯するようになっています。

北館を楽しんで、


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

連絡橋を渡って南館へ行きます。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

南館の外にはフリーゲージトレイトレインの試験車が置いてあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新しくできた南館の位置口です。

入ってすぐ右側に大型ジオラマが展示されています。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

四国の四季を感じさせる演出があり、その演出に合わせて、列車が動き説明が流れます。GW中は30分に1回作動していました。

さらに奥に進み外へ抜けると、信号機の展示してありました。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

中に入るとまずは北側から


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DE10形ディーゼル機関車

その隣に


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キハ65形急行用気動車

昔、よく乗っていた列車です。最後は普通車として使用されていた記憶があります。中に入ってみると、


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これまた懐かしい作り。やはり座席のクッションはスカスカになっていましたが、一緒に行った子供たちに自分が乗っていたことを伝えました。

そして、窓の下側の所に、


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

栓抜き発見。もちろん使用したことはなかったです。あぁ、あったなぁと学生時代を思い出しました。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

運転席です。

そして、この隣には、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

C57蒸気機関車44号車「貴婦人」


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大きな車輪。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

石炭取り出し口と、石炭投入口。

炉の中を見てみると、石炭の燃え残りが入ってました。

子供たちにこの列車は蒸気で動いていたと話をしたらびっくりしていました。

南館を出て、再び連絡橋を渡り、観光交流センターに向かいます。

中に入って打ち抜きの水を飲んで、


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だんじりを見て、鉄道歴史パークinSAIJOを出発しました。

次の目的地はアサヒビール工場ですが、14時からなので、その前に昼ご飯を食べて工場へ向かいます。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

工場の入口。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

中に入ると新しくトリックアートみたいなものが出来てました。

今回はGWの親子クイズラリみたいな企画で、入口の所でビンゴのカードを渡してもらいます。

説明の途中でクイズが出たり、またラッキーカードが有ったりして、ビンゴになるとお菓子と交換になっていました。

残念ながら、GW中のため機械は作動してなかったですが、いつも感心させられることばかりです。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このタンク1本で350ml缶何本分取れるか分かりますか?約143万本です。愛媛県の人口が約137万人弱なので(未成年含む)、全員が1本飲んでも空にならないですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

受付でもらったビンゴカード。

果汁グミをもらっていました。

試飲会場では


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クリームチーズおかきを一人1袋いただきました。味はビールにとっても合う味です。

自家用車で来ていたので、ソフトドリンクをいただいて帰路につきました。

1回見学したから、もういいかではなく、間を開けて訪れるとまた新たな発見があり面白いですね。

次はコカ・コーラの小松工場に行ってみたいと思っています。

以上、西尾からでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。